超高齢社会と平均寿命

平均寿命の延びも手伝う超高齢社会の今。日本はどうする

 

 

 

総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率という。

 

 

世界保健機構(WHO)によると、高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」という。日本は1970年に高齢化社会に入り、1994年に高齢社会、2007年には超高齢社会に突入した。

 

 

高齢化の要因はさまざまあるが、その一つに平均寿命の大きな延びがある。乳幼児死亡率の低下、公衆衛生環境の整備で伝染病による死亡率が低下するなど、医療技術の発展や治安の安定化、国民の生活水準の向上などが寄与している。近年では生活習慣病を発端とした中高年層の死亡率の改善なども、平均寿命を押し上げる大きな要因の一つとして挙げられている。

 

 

世界でも類を見ない高齢大国となった日本は、少数の若者が多数の高齢者を支えるという未だ経験したことのない社会構造への変化を今まさに迎えているところである。このあまりに大きな課題に対してどのような取り組みを見せるのか、世界の注目を集めている。

 

 

 

医療・福祉に携わる企業のPR(認知向上)をお手伝いします

 

 

 


▲pagetop