知的障がい児・者にサッカーを通じて笑顔を。特定非営利活動法人『トラッソス』吉澤昌好さんインタビュー【前編】

トラッソスを立ち上げた吉澤さん。

 

 

東京都江戸川区を拠点に、知的障がいのある方々に向けてサッカーを楽しむ場を提供している特定非営利法人『トラッソス』。

 

 

同団体の副理事長を務めながらサッカーの楽しさを伝えている のが、吉澤 昌好(よしざわ まさよし)さん。『トラッソス』の創始者でもある。

 

 

『よしコーチ』の愛称でスクール生やその家族から慕われている吉澤さんの、胸に秘めたその想いを紐解いた。

 

 

みんなが笑顔で楽しめるサッカーが特徴。『トラッソス』の活動

 

 

―特定非営利法人『トラッソス』の活動内容について教えてください。

 

 

吉澤「知的障がいをもつ方々に向け、サッカーを主としたスクール/クラブを運営しています。

 

 

 

『スクール』は、みんなが一緒になって笑顔で楽しむサッカー教室。年齢を問わず参加でき、参加者たちの苦手意識を取り払って『ボールを追いかける楽しさ』を感じることができるよう心掛けています。

 

 

クラブとしては『FCトラッソス』として活動しています。原則として高校生以上で構成されるチームで、グループとしての仲間意識を高め選手同士のきずなを深めることや、協力してサッカーをプレーすることで得られる達成感や連帯感を大切にしています。『スクール』と同じく勝敗にこだわらずに笑顔で楽しむサッカーを行っていることも特徴です。

 

 

また、知的障がい児・者に向けた各種スポーツの指導者の育成・派遣事業も行っています。この分野は指導者不足が常に課題としてありますので、特に力を入れていきたい点ですね。」

 

 

―団体として最も大切にしていることは何ですか?

 

 

吉澤「先ほど話した、知的障がい児・者に向けたスポーツの普及や選手・指導者育成は理念としても掲げており、もちろん重要視しています。しかし、自分がもっとも大切だと考えているのは『障がい者の社会進出に寄与すること』『障がい者の精神的な自立を支援すること』です。

 

 

『障がい者だから面倒を見なきゃ』・・・という固定観念を多くの人が無意識のうちに持っている。その状態では彼らにとっての本当の自立にはつながりにくい。そんな現状を変えたいんです。

 

 

彼らが自らの意思で自らの生き方を決められること、それが自立と言えるんじゃないかなと。そのためにまず必要なのは、自分自身を大切にすること、強い自信を持つこと。

 

 

彼らが『トラッソス』で過ごす中で『自分がここにいてもいいんだ』と感じてくれること、それが自信につながってほしいなと思っています。

 

 

そのために私たちがキーワードとしているのが『笑顔』『楽しむ』こと。それは団体設立当初から変わりません。」

 

 

トラッソスを立ち上げた吉澤さん。

 

―トラッソスの練習はどんなメニューで構成されているんですか?

 

 

吉澤「ボールを使った基本的な運動やミニゲームを行いますが、実はメニューはそれほど重要視していません。何なら別にサッカーじゃなくて『今日は暑いからプール行こうぜ~』みたいなユルいノリでもいいじゃんって、そんな感じで考えています。

 

 

それより大事にしているのは『いつもお互いに感謝を伝える』ということ 。これは僕たちからトラっ子(スクール生の愛称)に対してもそうだし、彼ら同士がお互いに感謝を伝えられるように、たびたび話をしています。

 

 

結局、障がいを持っていてもいなくても、社会で大勢の人たちと接していく上では、何より感謝の気持ちが大切だと思うんです。

 

 

知的障がいの子どもたちは、本人だけでなく家族にとっても、こういうスクールに『来る』ということ自体が難しいケースも多い。電車やバスの乗り降り、道順、歩行中の安全など、心配すればキリがありません。

 

 

でも、家族・仲間の付き添いや本人の努力があって、練習に来てくれる。僕らはまずそれだけで彼らに『ありがとう』って言いたいんです。

 

 

 

彼らにも同じように、試合が終わったときや何かを手伝ってもらったときはきちんと『ありがとう』を伝えるように話しています。

 

 

 

そこさえできていれば、ある程度はみんなには自由にしてもらっています。何も強制はしないし、必要以上にかまうこともしていません。かまおうとすればするほど、彼らの心は遠ざかってしまう・・・彼らの思うように楽しんでもらうことがまずは大切ですね。」

 

 

後編へ続く。

 

 

 


▲pagetop